スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

東京タワー。

リリー・フランキー
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~


「東京タワー」やっと読みました~。


もうずいぶん前に、図書館で予約したのですが

待てど暮らせど順番が回ってこない。

いつになるか問い合わせたら

おそらく来年になる・・・ということでした。


仕方がないので、ドラマ化されることを

すごく楽しみにしていたのに、例の山本事件で

放映が延期・・・最悪お蔵入り・・・

という情報でがっかり。。。


そんな話を友達としていたところ

なんと・・・そのうちの一人の友達が

「私持ってるよ」

ということで、思わぬところで、入手できました。



昨日から読み出して、昨日は子供時代の

面白い話でしたが、今日は後半を一気に読みました。

読みながらボロボロ泣いてしまい、今日はとっても頭と目が痛い。



私にも必ず来る親や親しい人との死別・・・

現実には必ず来るのはわかっているけど

考えると悲しいし、できれば「その時」は来て欲しくない。

だから、できるだけ考えないようにして現実逃避していた私。


著者のリリー・フランキーさんと私は、ほとんど同世代なので

私の青春時代と重なる部分が共感できました。

ジョン・レノンの死やストーンズ来日などなど・・

それだけに「オカン」の死は、やっぱりヒトゴトじゃありません。



それにしても、田中裕子の「オカン」が観たかったなぁ。

山本は、誰の役立ったんだろう?

是非、ドラマ放映してください!



スポンサーサイト
2006年07月23日 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。