スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

三者面談。

中学校での初めての三者面談に行ってきました。

小学校までは、先生と親との二者面談で

内容も勉強のことより、友達関係などの生活面での話が主でした。


中学校では、やっぱり学習面の話になるんだろうな~?

とドキドキしながら学校に向かいました。



しかし・・・



息子の場合、勉強よりも生活面のほうが

かなり深刻な問題を抱えているため

小学校の時とあまり内容が変わりませんでした。



とにかく「物をなくす」とか「忘れ物が多い」とか・・・

いつまでたっても手のかかる子なんです。


私も何度中学校に忘れ物を届けに行ったことか・・・。



担任の先生は、それぞれの子の個性を

ちゃんと認めてくれて褒めてくれる・・・

そんな先生です。


要領が悪くていつも人より一歩遅れてしまうことも

「まじめな性格ゆえのこと、少しずつ周りに合わせて行けるようになりますよ」

って言ってくれたし


忘れ物や無くし物が多いのも

「小さい時に注意欠格症(ADHD)の疑いがあるといわれたからかも?」

という私の心配にも先生は


「私もいろいろと勉強もしているが、彼は違いますよ。

自分で忘れ物をしない工夫をすれば、治っていくはず。

学校でも気をつけるようにします。」


そんなふうに言ってくれました。



いままでも懇談会に出た時には

出席者のそれぞれの子の話を一人ずつ話してくれました。


おとなしくて話の出来ない子がいるらしいのですが

そんな子にも、ちゃんと個性を尊重して

おとなしいながらもこういういいところがあるって言ってたし


うちの息子のことも

「まじめで責任感がある」なんて言ってくれて・・・


本当にいい先生に恵まれました。



明日はいよいよ通信簿をもらってきます。

ドキドキするな~。


スポンサーサイト
2006年07月19日 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。