スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

思い出の映画。

昨日から「ハリーポッターと炎のゴブレット」が公開されていますが

皆さんはもう見に行きましたか?


ハリポタファンの私としては絶対に行くつもりですが

お楽しみはもう少し先にとっておこうと思います。



最近の映画館は、とてもきれいだしゆっくりと座って見るのが当たり前となっています。

でも、私が若いころは「立ち見」なんていうのは当たり前だったんです。



特にお正月映画のときは、座って見られたらラッキーみたいな感じで

入れ替えのときに空いた席にバッグを投げて席を確保したり。



今じゃ考えられないですよね。



大変だったけれど入れ替え制じゃないことで

お気に入りの映画を一日何回も見ることもできました。



高校のとき、とても仲良しの友達がいました。

彼女とは好みも趣味もばっちりで

他の人が「???」とどうしても理解できないようなことでも

彼女とは分かち合うことが出来ました。


その後大人になってからもずっと変わらず仲良しで

よく一緒に映画を見に行ったものでした。


特に同じ映画を何度も見る・・・ということが

私も彼女もまったく苦にならなかったんです。



当時はまだ家庭用のビデオデッキも今ほど普及していなかったので

お気に入りの映画は、何度も映画館に足を運んで見なければなりませんでした。



一番印象に残っているのが

『ローマの休日』


それから同じオードリー・ヘップバーンの

『麗しのサブリナ』



大好きなハリソン・フォードの

『ワーキングガール』



映画が終わってしまうとどうしてももう一回見たくなって


「どうする?」


「もう一回見る?」


「うん♪」



そんな感じで許す限り映画館で楽しい時間を過ごしました。


その後、ビデオデッキを買って何度も何度も繰り返しみた映画もありますが

映画館で全部で10回以上も見たのはこの3作品ぐらいかな~?



さすがに今はかなり飽きてあんまり見る気はしませんが(笑)



最近はこれほど夢中になれるほどの作品には出会えていません。

っていうかそういう時間の余裕がないっていうほうが正しいかな?




皆さんのお気に入りの映画も教えていただけるとうれしいな~。





スポンサーサイト
2005年11月27日 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。